ダイヤモンド査定の基準について

ダイヤモンド4Cについて

 

ダイヤモンドは4つの要素の組み合わせにより、1つ1つが異なる特徴と美しさを備えています。4つの要素とはキャラット(Carat),カラー(Color),クラリティ(Clarity),カット(Cat)であり、それぞれの英語の頭文字をとって『4C』と呼ばれています。

Carat -重さ-

ダイヤモンドの重量は、カラット(ct)という単位で示されます。1カラットは0.2gです。
重くなればなるほど希少価値が高くなります。

Color -色-

ダイヤモンドは多くが無色ではなく、かすかに色がついているものがほとんどで無色透明なものほど高く評価されます。
Dカラーを最高として、無色に近いほど稀少価値が高くなります。

Clarity -透明度-

クラリティのグレードは、内包物のサイズ、数、位置、性質などによって決められ、少ないほど希少価値は高くなります。

FL ・・・・・・・・・・・・ 10倍の拡大で無傷

IF  ・・・・・・・・・・・・ 10倍の拡大で微小な表面の欠点 

VVS1・VVS2 ・・・・・・・ 10倍の拡大で発見困難な微小な欠点 

VS1・VS2  ・・・・・・・・ 10倍の拡大で発見が多少困難な欠点 

SI1・SI2 ・・・・・・・・・ 10倍の拡大で発見が容易、肉眼では困難 

I1・I2  ・・・・・・・・・・ 肉眼で容易に発見できる

Cat -研磨-

ダイヤモンドのカットは、プロポーション、対称性、研磨の評価によりグレードを判定します。 カットの優れているダイヤは最高の輝きを放ちます。

買取お申込み AM10:00~PM7:00 0120-919-139

まずはお気軽にご相談・ご連絡ください お問い合わせ

前のページに戻る



買取について

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 法人買取
  • 査定について
  • 定休日 第3水曜日定休日

    • セミナー案内

    TV和歌山CM

    • メッキ買取
    • ダイヤモンド買取について
    • プロフェッショナルへの道
    • 社長BLOG
    • STAFF BLOG
    • お客様の声
    • 採用情報
    • リンク集
    • お問い合わせ
    • サイトマップ

HOME買取について取扱品目会社案内よくある質問店舗情報個人情報保護方針