会社案内

代表者メッセージ

代表取締役 高 興和 写真

 

 

     代表取締役

             高 興和

 

多くの人がライフスタイルにあわせて宝飾品を気軽に楽しめるために、宝飾品の売買をより魅力的なものにしよう、そのために、宝飾品の流通革命を起こそう、この想いを胸に、当社は2003年1月、「宝飾品買取専門店」としてスタートしました。
設立当初は「宝飾品買取」という業態そのものはまだまだ認知されておらず、一つ一つ状態が異なり、同じものが二つとない宝飾品は価格設定があいまいであったため、一般的に不透明に見られがちでした。当社のビジネスモデルは、お客さまに全国均一価格の提示を可能にし、宝飾品を適正価格で還流させることにより、宝飾品の信頼性と買取ビジネスの認知向上に貢献してきました。当社は世界に存在するマーケットにおいて、宝石という素晴らしい地球からの預かり物を適正価格で還流させることを使命と考えております。

セミナー 海外事業 学会発表 写真  

-Profile-  1974年和歌山県生まれ。株式会社ユーズ代表取締役。日本の宝飾品リユース業では、ダイヤモンドの真贋セミナーなど自らセミナーの講師を務め、受講内容はもちろん、社長自身の経営理念やビジネスでの経験談などは為になると反響を呼んでいる。日本だけにとどまらずアフリカ、アジアなど海外へ自らの足で赴き、貿易業や宝石業、小売業などを幅広く手掛けている。

社長写真

 

 

海外での事業活動

高社長は、日本国内だけでなくアフリカ国内においても宝石の買い付け、売買にも力を注いでいる。 

現地に直接社長自身の脚を運ぶことで、多種多様な宝石に触れる事ができ、普段見る事の出来ない採掘作業現場から研磨される工程、研磨後、商談、輸出までの全工程を目にする事が出来る。

採掘 研磨 ルース画像

人の手が加えられていない原石が持つ本来の美しさや希少性を、国境を越え世界中の人々にその魅力を送り届ける。それが社長の喜びと願い、使命である。

 質問1

 浜辺に転がるキレイな貝殻を探し当てたときの喜びを誰もが一度は体験したことがあるかと思います。そんな好奇心を抱き、貝殻ではなく、ダイヤモンドの原石に強く抱き、世紀後半に沸き起こったダイヤモンドラッシュ発祥の地である南アフリカキンバリーにあてもなく引き寄せられるかのように訪れたのがはじまり。 

タンザニア大地画像 

タンザニア大地画像 

質問2

 代表的な宝石はもちろんタンザナイト。それ以外にも採掘される宝石は豊富で、ルビー、サファイア、ガーネット、トルマリン、アクアマリン、スピネル、クォーツなど。

原石画像

 

質問3

 高い経済成長率が期待できる最後のフロンティア市場といわれるアフリカ。中、高所得者層の購買需要は旺盛。アフリカの人口は現在約10億人ですが、2050年には2倍の20億人に達すると言われており、そのポテンシャルは計り知れません。

タンザニア1 

タンザニア2 

買取お申込み AM10:00~PM7:00 0120-919-139

まずはお気軽にご相談・ご連絡ください お問い合わせ

前のページに戻る



買取について

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 法人買取
  • 査定について
  • 定休日 第3水曜日定休日

    • セミナー案内

    TV和歌山CM

    • メッキ買取
    • ダイヤモンド買取について
    • プロフェッショナルへの道
    • 社長BLOG
    • STAFF BLOG
    • お客様の声
    • 採用情報
    • リンク集
    • お問い合わせ
    • サイトマップ

HOME買取について取扱品目会社案内よくある質問店舗情報個人情報保護方針